オメガ3 ストレス 関係

オメガ3とストレスの関係とは

現代社会はストレス社会と言われ、ストレスを抱えていない人はほぼいないに等しいのではないかと思われます。
最近は小学生でも「ストレスが溜まる〜」なんて言っている子もいるくらいです。
そんなストレスですが、オメガ3とどうやら関係があるようなのです。
そこで、今回はオメガ3とストレスの関係についてお伝えしてみようと思います。

 

オメガ3とストレスの関係っていったい何?
オメガ3を摂ることでストレスが減るのか、それとも溜まってしまうのか、皆さんはどちらだと思いますか?
実は、オメガ3はストレス対策としても注目を集めているのです。

 

ストレスが溜まり、自分ではどうにも解消できない人は、うつ病になってしまうこともあります。
うつ病は、他人には理解されにくく、ただの怠け者扱いされることもありますが、実は外に出ることさえもできなくなってしまう症状もあるのです。
几帳面でまじめな人がうつ病になりやすいと言われていますが、それだけではない、神経のバランスを崩してしまう何らかの原因があるのでしょう。
仕事における人間関係に疲れてしまってうつになるケースや、生きていくことに精いっぱいで気が付いたら気が滅入っていて涙が止まらない日々が続いてしまう…そしてうつ病になっていたという人もいます。
ストレスもうつ病の原因うちの一つなのです。

 

 

では、オメガ3でストレス対策効果とは一体どういうことなのでしょうか。
実はオメガ3には脳神経に影響を与える働きがあるのだと言われています。
そのため、オメガ3を摂取していると、イライラしやすい人が少し穏やかにになったりしたという研究結果もあるのです。
イライラが治まるだけでも、ストレスはだいぶ軽減しますよね。
ストレスにはオメガ3なら何でもよいのかというと、どうやらDHAやEPAがやはりイライラを軽減させたり、抑うつ状態の緩和作用があるようなので、オイルよりは青魚で摂取した方がよさそうです。オメガ3系オイルを摂取しても体内でDHAやEPAに変わりますが、しかしやはり青魚を直接摂取した方が効果は高いとされています。

 

しかし、一番はストレスを溜めないことが大事なので、できる限り溜めずに発散する術を身につけましょう。
またオメガ6を過剰摂取しないことに注意しなければ、いくらDHAやEPAを摂取していても効果は半分以下になってしまいます。
食生活はバランスが重要ですので、きちんと考えながら食事をとることを心掛けていきましょう。